ゴーヤで作る自家製お茶

お茶も簡単にできるんですよ。
実は、種やワタの方にビタミンCがたっぷり入っているんです。

 

また種に、共役リノール酸がたくさん入っているそうです。共役リノール酸って何!?と思いますよね。

 

私も知りませんでしたが、遊離脂肪酸が脂肪に戻るのに防いでくれるそうです。つまりダイエットに良いのです。
そこでお茶にするときは、ワタと種も一緒に使ってお茶にした方がダイエットや健康にはいいんです。

 

ゴーヤは種やワタがあるまま(要は丸ごと)スライスするだけ。そしてそのスライスしたゴーヤを天日干しして炒るだけです。天日干しが出来ない!するところがない!と言った方は、レンジで乾燥させることもできますよ。

 

ゴーヤをカットした断面

 

ゴーヤのままだと保存が難しいけど、お茶にしておけばいつでも簡単に飲めるし長持ちするのでお勧めです。

 

これで夏だけでなく、冬にもゴーヤの栄養を摂れちゃいます。
でももう無くなっちゃったので、また早く夏よこい!と思っています。早く飲みたい!

関連ページ

ゴーヤの漬物
ゴーヤと言えば「チャンプルー」しか知りませんでした。最初は、だいたい同じメニューで野菜炒めに入れたりしかレシピがありませんでした。
ゴーヤサラダ
子供が最初はゴーヤを食べてくれなかったのですが、サラダを作ったら食べてくれるようになりました。また親にも食べさせたら美味しいと言ってくれてレシピを聞かれました。
ゴーヤのいろいろ
チャンプルーとは、沖縄の言葉で「まぜこぜにした」という意味です。要はなんでもいいんです。いろんな食材を混ぜて炒めたらチャンプルーなんです。いろんな炒め物に使える名前です。
ゴーヤを育てよう
このサイトを見て「ゴーヤ育てようかな?」なんて思ってくれた人がいたらうれしいです。そこで、ゴーヤの育て方を紹介しますね。
ゴーヤの栄養
一昔前は、「ゴーヤ」と言えば沖縄の野菜でしたよね。最近グリーンカーテンが流行ってからは各地でゴーヤを栽培するようになりました。我が家でもグリーンカーテンを毎年しています。