ゴーヤの栄養

一昔前は、「ゴーヤ」と言えば沖縄の野菜でしたよね。最近グリーンカーテンが流行ってからは各地でゴーヤを栽培するようになりました。
我が家でもグリーンカーテンを毎年しています。

 

ゴーヤ1

 

最初は食べることを忘れてグリーンカーテンを開始してしまい、食べるのに困りました。
また近所に配ろうと思ったら、近所もみなグリーンカーテンを初めてゴーヤの処理に困っていました。
栄養がたくさんあるのにもったいないなと思いつつ・・・途中で飽きてしまった。
翌年からいろいろ挑戦しレシピを考えました。

 

でもその前に、そもそもゴーヤにはどんな栄養があるのでしょうか?
水分はもちろん、ビタミンC、葉酸、カロテンなどの栄養たっぷりのゴーヤです。ただ・・・独特の苦みがありますね。それが苦手でゴーヤが食べれないという人もいるかもしれませんね。しかし調理次第では苦みを減らすことができるので、今食べれない人でも積極的に食べてほしいです。

 

イボがぎゅうぎゅう密集していて、ツヤがあるものが新鮮です。黄色になっているものは熟してきていますのでやわらかく歯ごたえが・・・なくなります。ゴーヤには水分が豊富なので、重たいものの方が水分がぎゅっと詰まっています。

 

ゴーヤ2

 

ゴーヤは完熟する前に食べるので、緑が鮮やかで綺麗なうちに食べます。そのままほっておくと黄色くなり赤くなります。食べれるけど・・・あまり美味しくないので鮮やかな緑色の時に収穫して食べてくださいね。緑色のゴーヤでも切ってみると赤くなっている場合があります。びっくりしないでね。私は最初知らなかったので「腐ってる!気持ち悪い!」と思い捨ててしまいました。シャキシャキ感は減っちゃいますが食べれます。まぁ鮮やかな緑色のゴーヤと比べると・・・美味しさは半減ですけどね。やはり食べ物はなんでも新鮮なうちに食べた方がいいですね。美味しさも栄養も一番あるしね。

 

そういえばピーマンなんかも赤くなったりしますよね。あれもゴーヤと同じで熟さない緑色で食べてるだけなんですよね。トマトは赤くなってから食べますね。なんか野菜って不思議だ!

 

さてさて・・・・ゴーヤがたくさんできる夏ですがどうやって食べましょう。
私もそこまでゴーヤ料理をしている訳ではありませんが、みなさんのお役に立てば・・・と思いちょっとしたレシピも載せますね。

 

最初はゴーヤが出来過ぎてゴーヤの処理に困り果てていた私ですが、最近は夏が待ち遠しいです。美味しいゴーヤをたくさん食べて、健康になりたい!ゴーヤがたくさん育つ夏は、青汁も不要かもしれませんね。

関連ページ

ゴーヤの漬物
ゴーヤと言えば「チャンプルー」しか知りませんでした。最初は、だいたい同じメニューで野菜炒めに入れたりしかレシピがありませんでした。
ゴーヤで作る自家製お茶
お茶も簡単にできるんですよ。実は、種やワタの方にビタミンCがたっぷり入っているんです。
ゴーヤサラダ
子供が最初はゴーヤを食べてくれなかったのですが、サラダを作ったら食べてくれるようになりました。また親にも食べさせたら美味しいと言ってくれてレシピを聞かれました。
ゴーヤのいろいろ
チャンプルーとは、沖縄の言葉で「まぜこぜにした」という意味です。要はなんでもいいんです。いろんな食材を混ぜて炒めたらチャンプルーなんです。いろんな炒め物に使える名前です。
ゴーヤを育てよう
このサイトを見て「ゴーヤ育てようかな?」なんて思ってくれた人がいたらうれしいです。そこで、ゴーヤの育て方を紹介しますね。